「〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇」 遊羽 ゆう CV.岡本信彦
遊羽”> スチル

メインストーリー 遊羽 編

詩名(……なんだか、変な感じ)

側に落ちていた白い本を
拾い、そっと立ち上がる。

すると、書斎の奥から、
大きな声が聞こえてきた。

遊羽「うわっ!?」

詩名「え……?」

振り返ると、そこにいたのは、
遊羽くんだった。

パートナー紹介